中古ドメインを利用した場合のブロックとSEOチェキ

中古ドメインとは、過去に一度でも利用されたことがある期限が切れたドメインのことです。全てのドメインの更新期間は取得してから1年間と決まっており、その期限が切れて放棄されたドメインのことです。中古ドメインはSEO対策に有効なことから、ページランクが高いドメインであったり運営履歴が長かったりするドメインは高値で売買されています。こうしたドメインを利用することでSEO効果が期待できますが、リスクは非常に高くなっている状況があります。そのためこうしたドメインを理解することが重要になります。新規ドメインでサイトを立ち上げた場合は検索エンジンがクロールと呼ばれる認識によってインデックスするまで時間がかかってしまうのが通常です。中古ドメインの場合は検索エンジンが以前にクロールした実績がありますので、クロールが早くインデックスしてくれやすくなります。しかし、ページランクが低いドメインですと、中途半端にインデックスされるよりも、 URL削除ツールを使って一時的に検索結果からブロックすることが効果的です。しかしrobots.txtファイルでクローラーをブロックしてしまいますと、ページの情報が取得できませんので注意が必要です。robots.txtでのこうしたミスというのは起こりにくいのですが、管理上の目的でサイト内のURLをブロックした際に、誤って全てのページがブロックされていないかどうかを確認することが大切です。次にSEO対策に有効なツールであるSEOチェキでドメインの性能を調べます。SEOチェキで対象となるURLを検索窓に入力してチェックしますと、すぐに過去のキャッシュデータを確認することができます。検索エンジンはwwwのありとなしで別のURLとして認識しますので、SEOチェキに入力するURLは必ずwwwを付けるパターンと付けないパターンの2通りで検索することが必要です。またブラックリストに載っていないか確認することが重要になります。ブラックリストに載ってしまいますとインデックスすら行われない場合もあり、検索結果に表示されることがありませんのでサイトの構築に悪影響が出ます。中古ドメインはSEO対策での利用の場合はとても有効で、特にサイトアフィリエイトを運営する際には必要な手段となります。このようなブロックやSEOチェキによるサイトの性能について注意し、効果的な利用方法を常日頃から習得しておくことが大切になります。

関連記事